新陰流協会のホームページへようこそ!

神奈川県相模原市の本部道場を中心に、横浜市、藤沢市、川崎市(2016年4月スタート)、東京都大田区、杉並区、江東区、町田市、足立区、自由が丘、さらにはマレーシア、シンガポールなどにて居合(新陰流居合道)および剣術(江戸柳生流剣術)の稽古をおこなっている武道道場です。
年齢、性別、運動経験などに関係なくどなたでも楽しくのびのびと稽古していただける道場です。ぜひともご一緒に参加されてみませんか!

新陰流協会の稽古内容

TOPICS

東京ビッグサイトにて開催の SPORTEC 2016 において新陰流協会が3年連続出場の上、演武を行いました。

日本最大級のスポーツ・健康関連イベント「SPORTEC2016(スポルテック2016)」(期間2016年8月2日~4日)が東京ビックサイトで開催されました。例年通り注目度の高いこのイベントは前年をさらに上回る入場者数の中、ますますの盛況を見せていました。

その2日目(8月3日)において行われた「武道マスターズLIVE2016」では、当新陰流協会が3年連続の選出を受け、技の披露を行ってきました。
オープニングイベントとして登場したシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA選手らの演武に引き続き、当新陰流協会が登場!
立ち見も出るほどの超満員となった演武会場では、剣術、居合、素手技など多彩な技の数々が発揮され、大きな拍手と歓声があがるほどの反響となり、これまで以上に武道の魅力を広く伝えて上で有意義な時間となりました。

スポルテック2016についての詳しい情報は、イベントHP(http://www.sports-st.com/)をご覧ください。

TOPICS

溢れる笑顔の末岡さん

BS日テレにて放映の「週刊!大学生活図鑑」にて、当会稽古生の末岡志保美さんが登場

BS日テレにおいて好評放映中の番組「週刊!大学生活図鑑」に、当会稽古生の末岡志保美さんが出演することとなり、先だってその取材・撮影が行われました。

ミスコンテスト横浜国立大学2014グランプリでもある末岡さんがキャンパスライフとともに日夜励んでいるのが当会道場にての居合や剣術の稽古。今回はその様子の撮影が荻窪道場において行われました。

居合刀を手にして真摯な面持ちにて稽古を開始する末岡さん。普段はにこやかであたたかい雰囲気の末岡さんですが、稽古が深まってくる中でさらに集中力も高まり、その表情は引き締まったものに!
その姿に対して撮影をしていたスタッフの方々も大いに関心や感動をしているようでした。

武士にあこがれて剣の道を志したという末岡さん。この日も稽古を通じて武士の技や心にふれていくことで、自身に人間としての磨きをかけている様子でした。

番組についての詳細は、公式ホームページhttp://www.bs4.jp/daigaku_zukan/をご覧ください。

TOPICS

マレーシアにて再演のダンスイベント「From Soho to Shinjuku」において新陰流協会マレーシア支部道場が演武を行いました

イギリスで活躍していたダンサーであり振付師のPit Fong Loh氏とMing Low氏が生まれ故郷であるマレーシアに活躍の場を移し、イギリスで好評を博したダンスイベント「From Soho to Shinjuku」が16年ぶりに再演されることとなり、その中で新陰流協会マレーシア支部千田斎が参加し、居合や剣術などの演武を行いました。

世界でもっとも多様な文化、様々な人種を受け入れながら、やさしく包み込んでいる町、イギリスのSOHOと日本の新宿の日常をコンテンポラリーダンスで表現するというこのダンスイベントは、オリジナル公演ではイギリス国内で高い評価を得た他、オランダでも公演を行い観客を魅了しました。

16年の時を経て、マレーシアにて再演が決まった際、新たに日本の武道や和のテイスト、そしてゲームプレイの要素を取り入れることとなり、新陰流協会マレーシア支部が演武の依頼を受け参加することとなりました。

マレーシアでは、2016年6月10~12日にDPACシアターにて公演。マレーシアではまだなじみの薄いコンテンポラリーダンスの公演でしたが異例の3日間満員となった他、新陰流の演武も大いに好評を博しました。


カメラマンTang氏 Facebook

TOPICS

話題の大作、TVアニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」(2015年夏放映)において
新陰流協会が全面協力!!

TRPG(テーブルトークRPG)の手法を用いて虚淵玄氏×奈須きのこ氏×紅玉いづき氏×しまどりる氏×成田良悟氏が紡ぎ上げた奇跡の物語(RolePlaying Fiction)「レッドドラゴン」。

この「レッドドラゴン」を原点(オリジン)とし、TOHO animation、星海社、セガネットワークスが放つ本格メディアミックスプロジェクト「ケイオスドラゴン」。

この大規模プロジェクトでは、豪華クリエイターが多数参加し、TVアニメ、スマホゲーム、ボードゲームなどの作品を制作。それぞれが“連動”(コラボレーション)していくこの試みが今、放送・映像・ウェブ・文芸・通信・ゲーム等々のあらゆるメディアの世界で大きな注目を集めています。

「ケイオスドラゴン」プロジェクトの始まりを紡ぐ物語がTVアニメ「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」(2015年夏、TOKYO MXほかで放送)。煌歴三○一五年の世界を舞台に、守護神「赤の竜」が暴走した小国ニル・カムイをめぐる物語を、ドラマティックかつ迫力あるアニメーションで描かれていきます。

監督は、数々のアニメ作品(「暗殺教室」「ダンガンロンパ」等)で、ハイテンポでスタイリッシュな映像を手掛けてきた松根マサト氏。シリーズ構成は、ゲームデザイナーとしても活躍する小太刀右京氏(チーム・バレルロール)。また人気アニメの脚本を多数手掛ける會川昇氏が構成補として参加。さらに、「ファイナルファンタジーXII」などの人気ゲーム・アニメの楽曲を手掛ける崎元仁氏が壮大な音楽で物語を彩ります。

松根監督は、当新陰流協会において新陰流の居合・剣術を学び、さらには当会が、剣術アドバイザーとして全面協力するなど、この「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」では、その成果としてのアクション・剣戟シーンも大きなみどころの一つとなっています。居合・剣術などの武道が映像作品のクオリティーをより高めていく上での文化となっていく。ぜひとも多くの方々にご覧いただきたいと願っています。

「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」公式HP
http://chaosdragon.red/

TOPICS

東京ビッグサイトにて開催の SPORTEC 2014 において新陰流協会が演武をおこないました。

大注目イベントの中での武道演武!

2014年12月4~6日の3日間、東京ビックサイトにおいて日本最大級のスポーツ・健康関連の専門展・カンファレンス「SPORTEC2014(スポルテック2014)」が開催されました。このイベントは国内におけるスポーツおよび健康関連の企業・官公庁・研究機関などがこぞって参集し、それそれの成果を発表・展示する他、関連のセミナーなども数多く開催されるという毎年恒例のものであり、その規模および内容において常に国内外から大きな注目を集めています。

今年もテレビ東京「NEWSアンサー」やフジテレビ「めざましテレビ」などにおいてもその様子が紹介されたことなどもあり、例年以上の来場者数を記録するなど一層の盛り上がりを示していましたが、その中でメインステージにて開催された「BUDO MASTERS LIVE」では、テコンドー、極真空手等の武道団体とともに当新陰流協会が選出を受け、その技を披露しました。

勇壮な雰囲気となった居合!!

最終日となる6日、K-1ジム小比類巻道場の小比類巻貴之氏たちによる演武に続き、新陰流協会が登場。師範・小山将生をはじめ、相模原本部および荻窪・錦糸町道場を中心に30名近くの稽古生がステージに立ち、まず第一部となる居合の演武が開始。

新陰流居合のうち、6本の技を選び、それぞれの技をまずは組居合として相手をつけた状態にて技の手順や決まり方を示した上で、稽古生全員により一斉に技を披露しました。

緊張の中で懸命に発揮されていく一人ひとりの技に加え、勇壮なBGMが流れ、さらには陣太鼓の音を号令としてテンポ良く行われていく演武に対して、見る方々のテンションも徐々に高まっていくような雰囲気が大いに感じられました。

剣術でクライマックス!!!

居合演武に引き続いて、相模原本部稽古生を中心に第二部の剣術演武が行われ、4本の技が披露されました。各技が決まるたびに、会場からは「おお~」というような声も聞こえ、技の世界・魅力に会場がますますひきつけられていくような手ごたえが感じられました。

最後は、師範・小山と相模原本部・小川貴央稽古生による第三部の剣術演武。これまでの中でもとりわけ目にも止まらぬ流れるような動きに会場からもひときわ大きな拍手が湧き上がり、そのような最高潮の雰囲気の中で演武も終了いたしました。

今回の演武は、参加者に多くの学びを得る機会となり、同時に今後の稽古に対してのさらなる意欲をもたらすものにもなりました。そして、さらに武道の魅力を広く伝えていくことのやりがいや大切さを感じるものとして大きな意義をもつものでした。

スポルテック2014についての詳しい情報は、イベントHP(http://www.sports-st.com/)をご覧ください。

メディアでの登場

「朝日シティニュース」(2005年2月)

  • 「朝日シティニュース」記事 柳生新陰流の世界
  • 「朝日新聞」の姉妹紙「朝日シティニュース」の一面にて、当会の記事が掲載されました。

    タイトル:

    「柳生新陰流の世界 ~武士の修業法 今も~」

「相模経済新聞」(2009年6月)

  • 「相模経済新聞」記事 相模原で新陰流稽古会
  • 相模原地域にて発行の「相模経済新聞」にて、相模原本部道場の稽古模様が紹介されました。

    タイトル:

    「相模原で新陰流稽古会 ~居合と剣術を披露~」

TVKテレビ「ねぎスポ」(2011年10月)

  • TVK(テレビ神奈川)「ねぎスポ」
  • TVK(テレビ神奈川)放送の番組「ねぎスポ」にて、居合の稽古の様子が紹介されました。

「みんなの居合道BOOK 2013」(2013年2月)

  • 「みんなの居合道BOOK 2013」表紙は、第47回全日本居合道大会 優勝者 山崎卓司さん
  • 居合道専門雑誌「みんなの居合道BOOK 2013」にて、当会稽古生の高田悠平さん(記事タイトル「木刀居合のすすめ」)が取材を受け、記事の掲載がされました。

学びかた いろいろ

新陰流協会関連商品

新刊案内
『初心者からの居合道 新陰流』

DVD付
小山将生(新陰流協会師範)著
2014年5月下旬発売

当会師範小山将生による新刊書籍『初心者からの居合道 新陰流』がこのたび発売。

居合道初心者の方々に役立つ「居合道のキホンQ&A」の他、「新陰流居合道集中講座」として、新陰流居合道の技法を豊富な連続写真を使用しつつ、「動作」、「解説」、「ポイント」の3つの観点から詳細にご紹介しています。

さらにDVDも付いており、技法(一人にての演武ならびに相手のついた形での演武)を映像で確認することができます。

また、今回は追録として新陰流剣術についてもご紹介しており、連続写真にて詳細に理解していただくことができます。

そして、巻頭ゲストとして俳優・若林豪氏が登場し、武道や侍、時代劇、殺陣についての魅力や意義について語っていただいています。内容およびボリュームともに充実の一冊です!

書籍「目で見て学ぶ居合道 新陰流」(DVD付)~小山将生(新陰流協会師範)著~

新陰流居合道の技について豊富な連続写真や付録DVDにより詳細に解説。

また巻頭ゲストには「柳生一族の陰謀」「魔界転生」などにて新陰流の剣士・柳生十兵衛を演じた千葉真一氏が登場。

書籍「日本刀で学ぶサムライの心技体」~小山将生(新陰流協会師範)著~

居合道を通じて学び得ることのできるサムライの心技体についてやさしく楽しく具体的に解説しています。

インタビューゲストとして、「現代のサムライ」藤岡弘、氏が登場。

DVD「DVDで上達 居合道 新陰流」~小山将生(新陰流協会師範)監修~

新陰流居合道について、道着の選び方や着方からはじまり、型稽古がおこなうことができるようになるまでレッスン形式で学ぶことができます。